HOME > 交通事故後の流れ

交通事故後の流れ

SEAN1 交通事故の直後

Step1 ケガ人の救護と道路上の危険防止措置
Step1 ケガ人の救護と道路上の危険防止措置のイメージ

安全確認をした後にすぐに車を降り、負傷者を救護しましょう。
また、二次災害を防ぐために、ハザードランプ(非常灯点滅灯)や三角表示板、発煙筒等を設置し、できれば柵の外へ避難しましょう。

Step2 警察や保険会社への連絡

警察への連絡は道路交通法で義務付けられており、違反すると刑事処分されます。
また、保険会社に保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」も発行されないため、必ず連絡しましょう。

事故後はなるべく早く、ご自身が加入中の自動車の損害保険会社に連絡を行いましょう。
連絡を行えば、その後の加害者や加害者側の保険会社とのやり取りを、ご自身の保険会社が代行してくれます。
尚、当事故で保険金の支払いを受けたとしても、翌年の掛け金が必ず上がる訳では無いため、一度保険の担当者に確認しましょう。

Step3 相手の情報と事故の状況を確認・記録

相手の名前や連絡先、できれば相手の自賠責や任意保険の会社名も確認・記録しましょう。
また、後日何が起きるかわからないため、この時点での示談交渉は極力避けましょう。
同時に、目撃者の連絡先や、車の損傷・ブレーキ跡、現場の写真などをご自身でも確認・記録しましょう。
過失割合(どちらにどの程度責任があるか)を決める際の物的証拠として残すことで、ご自身の立場を擁護することができます。

Step4 実況見分調書の作成と過失割合の決定

事故現場の状況や事故当事者への聞き取り調査をもとに、警察による実況見分調書の作成が行われます。これにより、事故の取り扱い(人身事故か物損事故か)と、過失割合(どちらが加害者・被害者か)が決められます。
もしこちらに非がない場合は、ご自身で取得した記録をもとに、毅然とした態度でその旨を伝えましょう。

SEAN2 接骨院・病院へ通院

Step5 みずの坂鍼灸マッサージ整骨院へ連絡・通院
Step5 みずの坂鍼灸マッサージ整骨院へ連絡・通院のイメージ

交通事故の専門家である当院へ、できるだけ早くご連絡下さい。
自賠責保険や任意保険を利用した専門治療や、手続きのサポート、病院への案内も致します。

患者様専用フリーダイヤル 0120-153-702

お電話の際は、「交通事故の治療の件で」とお伝え下さい。
交通事故の患者様は、予約優先で、少ない待ち時間で治療いたします。
ご不安な点は何でもお気軽にご相談下さい。

尚、保険会社に接骨院へ通院する旨を伝えたら断られた、というようなケースを時折お伺いしますが、通院先を選ぶ権利は患者様ご自身にございますので、安心してご来院下さい。

当院では、手技や矯正治療、電気治療など、患者様の症状と事故後の経過に応じた、オーダーメイドの交通事故治療を行っています。任意保険や自賠責保険での治療の場合、治療費の窓口負担もありません。

Step6 病院でレントゲン・MRI検査
Step6 病院でレントゲン・MRI検査のイメージ

目に見えた外傷がなくとも、交通事故の衝撃は計り知れない大きさのため、身体に相当なダメージを与えています。その為、脳の異常や骨折が無いか、レントゲンやMRIなどで身体の内部もしっかりと検査してもらいましょう。

尚、画像検査で以上が無くとも、むち打ち症などの身体の痛みを数日後に発症することがしばしばあります。

SEAN3 治療の終了と賠償額の受取り

Step7 治療の終了(症状固定)
Step7 治療の終了(症状固定)のイメージ

症状がある程度回復し、それ以上あまり変化がみられなくなった時点で、自賠責保険等による治療は終了となります。通常は約3ヶ月程度で大半の症状が回復します。もし症状が残ってしまう場合は、医師の診断をもとに、後遺障害として等級認定を受けることになります。

Step8 示談・賠償額の受取り
Step8 示談・賠償額の受取りのイメージ

治療の終了を保険会社に伝えると、その時点で「示談(裁判をしない和解)」となり、下記のような算定基準をもとに、賠償額の請求・受取り行うことができます。

尚、傷害による損害への補償限度額は120万円です。休業損害は原則一日5,700円、慰謝料は通院期間や実通院日数に応じ原則一日4,200円が支払われます。
また、後遺障害による損害の補償限度額は4,000万円です。収入や喪失期間、等級に応じて、遺失利益や慰謝料が支払われます。