事故の専門治療

その1 事故後、48時間以内はアイシングのイメージ

アイシングにより、炎症により熱を帯びた患部を冷やします。
怪我の急性期では、身体を極力安静にし、患部を冷やすことが大原則となります。

一般的には、事故の2~3日後に首のむち打ち症などの自覚症状が現れることが多くなっています。

また、目立った外傷がなくとも、骨折やひび、脳内出血などの疑いがある場合は、患者様が通院しやすい病院をご案内いたします。

その2 事故後、1週間前後は微弱電流治療と冷温療法のイメージ

トップアスリートがケガからの早期回復のために愛用している、刺激の少ない電気治療にて、痛みの軽減と破壊された細胞の組織修復を早めます。

また、ホットパックなどの冷温療法により、患部を温めることで、損傷した細胞の再生を早めます。

湿布の効果的なはり方などもお伝えいたします。

その3 オーダーメイド治療により、早期回復を図るのイメージ

患者様お一人お一人に合わせ、最良の治療法を組み立てて施術します。日本古来の手技による柔道整復術を始め、身体にゆがみが見られる場合は、適度に矯正治療を行うことで、早期に身体を健康な状態へと導くことができます。
また、地域最多級の豊富な物理療法機器を駆使し、筋肉のコリをほぐし、血行促進を図ったり、細胞の修復・再生を促進させたりします。

通常、筋肉の痛みなどについては、3ヶ月程度で回復されている方が多いです。

※もし他の病院や接骨院に通院しているにもかかわらず、症状の改善が見られない場合には、セカンドオピニオンとして当院にご相談下さい。他院から転院された方も数多くいらっしゃいます。

その4 筋力低下による身体の痛みには、ストレッチやリハビリを併用のイメージ

しばらく安静にしていたことで筋力が低下し、重い頭を支える首や肩がコリやすくなっています。

ストレッチや運動、リハビリなどを徐々に行うことで、少しずつ身体の筋肉を慣らしていきます。

その5 仕事や家事・育児の負担による身体の痛みには、改善アドバイスを提供のイメージ
その6 精神的なショックや不安の解消のために、密なコミュニケーションを重視のイメージ